低金利!大人気の消費者金融!

消費者金融は貸金業者に含まれる金融業者です

昔は街金融やサラ金などと呼ばれていた金融業者も貸金業法と呼ばれている法律が改正された事で、消費者金融と呼ぶ人が増えています。
貸金業法の法律の中には総量規制や利息制限法の上限金利を守る事などの義務付けが行われています。
総量規制は多重債務になる人を減らす目的で導入が行われた貸金業者に対する規制で、お金を貸す場合には年収の3分の1未満、他社から借入を持つ人には借金総額を年収の3分の1の金額から差し引き、残りの額で融資を行う事が義務付けられています。
利息制限法は金利における法律ではありますが、融資を行う際の金利は利息制限法で定められている上限金利を超えてはならないなどの決まりがあり、消費者金融は以前のような高利貸しではなくなっています。

大手の消費者金融にはお得なサービスがあります

消費者金融の中でも大手の会社の場合、銀行のグループ企業になっているなど、カードローンを利用する人に安心感を与えてくれますよね。
大手の銀行がバックに付いているのでカードローンを利用する人も安心して使えるわけです。
銀行金利と比較すると、多少なり金利は高めではあるのですが、初めて申し込みをする人は30日間無利息でお金を貸してくれるなどの顧客サービスを展開している消費者金融が多くあります。
例えば、50万円を借入れた場合、通常ならば利息分を含めて50万円を返済しなければなりませんが、30日以内に50万円を返済する場合は利息がゼロになるので、借りた50万円だけを返せば良いのです。
自分の預金口座から50万円を引き出すのと同じような感覚で利用が出来るお得なサービスと言えましょう。