賢いお金の借り入れ法!

現状、借り入れが無いときは…

お金を借りるときに最も重要なことは、金利の高さです。金利はお金を借りるというサービスを利用する代金のようなもので、商品の内容(お金)には差が無い以上、金利が少ないほど得であると言えます。
お金を借りるというと消費者金融や銀行をイメージしますが、それだけではありません。現状で借り入れが無く、一定の収入がある方の場合は地方自治体からの融資を受けられる可能性があります。商売の運転資金を借り入れるものや、生活に窮乏している個人向けのものなど色々な制度が存在します。多くは担保を必要としませんし、個人向けで比較的少額なものは保証人も必要ない場合があります。金利については年1~3%ほどです。生活に困ってお金を借りるなら、まずは金利の安い所で借りましょう。

銀行でもお金を借りやすくなりました

もし公的機関以外から借りたいという場合は、銀行のローンを利用するのが良いでしょう。フリーローンは担保が無いため金利は高くなりますが、消費者金融の15~17%と比較して、銀行の場合は14%ほどまでとお得に融資を受けることができます。
銀行のデメリットとしては、即日融資が受けられないことや、消費者金融よりも審査が厳しいことがあります。しかし他社からの借り入れが無く、一定の収入がある場合は審査に落ちることはまずありません。銀行側も新規の融資を拡大させたい思惑がありますので、問題が無ければ融資を断わらないものです。即日で借りられないことについても、計画性を持って生活していれば早めに手を打ちますので、明日お金が無いと大変な状況にはならないはずです。今借りられる中で一番金利が安い所から順番に融資を申し込みましょう。